ゴーン氏の起訴は可能か?

日産をスクラップアンドビルドして立て直したトリックスターのカルロス・ゴーン氏が逮捕されて、ひと月ほどになる。今も彼は塀の向こう側にいる。まずは金商法で逮捕され、次に特別背任で再逮捕だ。ゴーン氏の身柄がずるずると拘束され続けている現実をどう考えるかは、立場や価値観などによって判断が分かれるのではないだろうか。

現状、東京地検特捜部は金商法では起訴できなかった。ゴーン氏が退職後に受け取る日産の金融資産(株)が無法な金額にのぼるというのがその理由だが、今の段階で受け取っているわけではないから、保釈オッケーなレベルの話のように思える。しかもゴーン氏の独断でそういうことになったのではなく、日産の関係者各位了解のもとで手続きが進められたのだから、果たしてこれで誰かに損害を与えたかどうかはやや怪しい。というかそれは入り口にしかできなかったので、この件では起訴されていないのだと言える。

次に特別背任だが、これも調べて行けば会社に実損を与えていないということが分かってきたようなので、実害の発生していないことで罪に問えるかという壁にぶち当たっている。

もし私が検察の担当者なら焦るだろう。人間、誰でもはたけば多少のほこりは出るはずだ。そう踏んで金商法を入り口に身柄をとって後は自白も狙いつつ、何か他に罪に問えるものはないかといろいろ探した結果、絶対に有罪にできる決定打になるものを見つけることができないでいるのである。私が担当者だったら食欲を失う。

一方でゴーン氏の立場であれば、彼は彼で憔悴するだろう。金商法でぱくられて、勾留期限の延長もあって疲れ果て、ようやく外に出られると思ったら再逮捕である。権力が自分を狙い撃ちにして「こいつに正月を外で過ごさせない。必ず【何か】で有罪にしてみせる」と決心されていることが分かるのだから、憔悴しないはずがない。私がゴーン氏なら眠れなくなると思う。

この先、どういう決着を見るのかは全く分からないし、今は双方の駆け引きが激しく行われているところなので、軽率なことも言えないし、当事者の気の毒さを思えば軽率なことを言うべきでもないだろう。

但し、検察が起訴をしたくてもできない状態にあるのは多分、確かで、ゴーン氏サイドから拘置理由開示請求がなされたのも頷ける。既に調べられることは調べ尽くしていて、これで立件できないのなら、せめて娑婆の空気を吸わせろよとゴーン氏なら思うだろう。検察は意地でも有罪にできるネタを探しているはずだが、意地で起訴されるのは、される側にとってはたまるまい。疑わしきは罰せずの近代法の大原則はどうなるのか。日本は近代国家ではないのかという疑問が湧くはずだ。まあ、見守るしかないし、見守りたい。






関連記事
2018年一番のニュースはソフトバンクショック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください