参院選を予想してみる

安倍政権の支持率は各社によってばらつきもありますし、時期によっても様々ですが、だいたい、50パーセント行くか行かないかのところにあるようです。まずまず高いと言って良いですが、衆議院の解散がなかったということは、できればおおさか維新とも連携して3分の2以上を獲得し、憲法改正に歩を進めたいと考えているのではないかと思います。また、参院選の勝ちっぷりによっては年内解散も考えるといったところでしょうから、実に慎重に慎重を重ねている様子を感じ取ることができます。

さて、いずれにせよ3分の2(162議席)獲れるのか?ということになるわけですが(私個人は特に3分の2以上を獲ってほしいとも獲ってほしくないとも思っていません)、与党系の現有議席が135ですので、27議席の上乗せが必要になります。自民党の改選議席が49、公明党の改選議席が9ですので、その中で旋風でも起きない限り27議席の上乗せはちょっと厳しいのではないかという気がします。

今回の選挙では18歳以上の投票権、野党共闘という二つのこれまでとは違う全く新しい要素が入ってきますし、更に橋下さんが前に出ないおおさか維新がどれくらい健闘できるかは全く読めません(おおさか維新はもしかして厳しい?)。

野党共闘によって民進党系の多少の伸びは期待されていると思いますが、民進党そのものの人気が低く、かつ民主党と書かれた無効票が大量に出ることを考えれば、吉凶占い難し。18歳、19歳の人がどこへ投票する傾向が強いかについてもさっぱり分かりませんが、全体の投票率はそんなに高くならないでしょうからあまり影響はないかも知れません。

G7とオバマ大統領広島訪問の直後という外交的追い風が自民党には吹いていますので、諸事情鑑みて、与党微増、改憲発議に必要な議席には届かず、といったあたりではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください